水彩画一覧

エゴン・シーレ 「自画像」

女性ヌードで有名なエゴン・シーレ。メトロポリタン美術館所蔵のこの自画像は、乱れた線使いで、病的に痩せたように描かれていることが特徴です。どのような心理で、このような自画像を描いたのでしょう。自画像と描くということ、自画像を見るということについても、考えてみました。

ジョン・セル・コットマン 「嵐の前」

ジョン・セル・コットマンの「嵐の前」を見ると、アーティストにとって、いかに基本の技術が大切かということを教えられます。細かいところまで描きこまれている部分と、そうでないところの対比が効果的に用いられているることに加えて、色も美しく、見ていてあきることがない水彩画です。

スポンサーリンク
rectangular large
rectangular large