縄文 火焔土器

先日、メトロポリタン美術館の2階、アジア館に向かう廊下で、ガラスケースの中の展示品を見ていた時、縄文時代の土器を発見。デザインが、とてもかっこよかったので、本日は、紀元前3500年から2500年に、日本で作られた土器について、書いてみたいと思います。

縄文火焔土器//“Flame-rimmed” deep bowl (kaen doki)

縄文土器のデザイン性の高さ

小学校の高学年になって、日本の歴史を習い始めた時、教科書の最初の方に、縄文土器の写真が載っていた記憶があります。私は、古い時代に作られたものに興味を持っているような子供で、考古学者になりたいと思ったこともあったくらいでした。けれど、10代になると「かっこ良い」ことが大切だと思うようになり、考古学は、古臭く「かっこ悪いもの」に分類され、興味をすっかり失なってしまいました。でも、こうやって、見てみると、縄文土器、グッドデザインですよね。全然、かっこ悪くありません。特に口の部分、火焔土器という名前の由来の火のような装飾、左右が違うデザインとなっているカーブも美しいです。口部分に近くなるほど、装飾がこっていて、下に向かうほどシンプルなマークだけの模様になっていることで、全体のバランスがとれています。この時代の土器は、もちろん、手作りですし、道具もそう発達していなかったので、現代のような洗練された曲線や模様ではないですけれど、逆に味があって良いと思います。美術館によると、この土器は、口部分の装飾があるため、実用性の高いデザインではなく、祭事用に使われていた可能性があるということです。

縄文時代について、少し調べてみたのですが、始まりの時期については、1万2000年前から4500年となっており、いつ始まったのかはっきりしないようです。終末は紀元前3~2世紀(ブリタニカ国際大百科事典)で、弥生土器の弥生時代へと続きます。この火焔土器が、日本のどこで見つかった土器なのかは、記載がありませんでしたが、この器を作った人(あるいは人達)が、今から3千年前に、今日本と呼ばれる場所に存在したということは、この土器が証明しています。考古学の出土品を見る楽しみは、その昔に生きた人と、人間として、何らかのつながりみたいなものを感じるところにあると思うのですが、いかがでしょう。

日本における陶器作りの歴史

この縄文土器は、日本の色々な時代の土器や、陶芸作品と共に展示されていました。それも、時代ごとに区切って展示するのではなく、現代の陶芸家の作品を、弥生土器のすぐ隣に置くなどしてありました。このような展示の仕方というのは、世界の中で、現代日本と呼ばれている場所を、一つの集落として見るという視野がないとなかなか出来ないもので、日本の住んでいると、思いつきにくい発想かもしれません。現代作家の作品では、尾形香三夫の壺「眩暈」や、辻村唯の壺などがありました。縄文時代と現代の間の期間に作られた陶器も、飾られていて、特に私が気に入ったのは、この古墳時代の壺。模様は、説明のよると、熱を加える過程で、偶然出来たもののようですが、素敵ですよね。

須恵器 横瓶/Recumbent bottle (yokobe)

須恵器 横瓶/Recumbent bottle (yokobe)古墳時代(ca. 300–710)

模様、飾りをつけるという欲求

それにしても、縄文土器や、古代ギリシアで作られた壺などを見て思うのは、祭事用や贈り物、実用的な利用など、使用目的は色々ありますが、道具ともいえる壺に装飾を加えて美しくするということは、東西の文明に関わらず、世界で古くから行われて来たということです。生活用品に、機能だけでなく、デザイン性を持たせたいという要求は、物を作るということと、深く関連した、原始的な欲求なのかもしれません。現代では、無印良品とか北欧家具とか、飾りのないシンプルなデザインが好まれたりしますけれど、あれも、「飾りをつける」というところから、「飾りを削除してシンプルにする」に発展しているわけで、「飾る」という発想から生まれたデザインです。ただ、目的にあった機能だけが備わった道具を作るより、それを飾ることや模様をつけることで、遊びが生まれます。その遊びを追及するのが、人間というものかもしれません。

そして、その遊びとしての「飾り」というところから、個性の表現とか差別化というものが生まれていくでしょう。さらに、この差別化する欲求が、階級制度とか貧富の差とか、被差別民という区別につながっていると思われます。考えてみると、「飾りたい」、「よりよいデザインに」という原始的欲求は、より高級なものを志向する欲求なわけで、結果的に、必ずしも、人間を幸せにしているとは、言えないのかもしれません。とは言っても、その欲求がとても原始的なものであった場合、差別化をしたくなるという欲求を抑えるというのも、本能に逆らうことなので、なかなか難しいことなのでしょう。

というわけで、本日は、メトロポリタン美術館所蔵、縄文火焔土器/“Flame-rimmed” dep bowl (kaen doki), Middle Jomon period (ca. 3500–2500 B.C.)についてでした

スポンサーリンク
rectangular large
rectangular large

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rectangular large